弁護士保険のことならプリベント少額短期保険株式会社におまかせください。

プリベント少額短期保険株式会社

お知らせ

プレスリリース

2018年8月7日

1日たったの98円 弁護士費用を補償する「ミニ保険」
自然災害でマイホーム被害 子どものトラブル 弁護士が徹底サポート
大切な家族の守り方 8月18日大阪で無料法律セミナー開催

プリベント少額短期保険株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:花岡 裕之)が提供する弁護士保険「Mikata」は、日常生活のなかにある様々なトラブルの解決を弁護士に相談・依頼をした際に発生する法律相談料や着手金、報酬金などの費用を補償する保険商品です。
近年、増加傾向にある自然災害や気温上昇を起因としたトラブル、子供の予期せぬトラブルなどの様々な問題に対して未然防止や早期解決をサポートします。

8月18日(土)には、加藤慶子弁護士(法律事務所豊凛)を講師にむかえて、大切な家族の守り方について、事例をまじえてわかりやすく解説して頂くセミナーを大阪で開催致します。

セミナー受講イメージ

セミナー受講イメージ

自然災害でマイホームに被害、弁護士に行政対応の相談と銀行や保険会社との交渉窓口に

過去10年間の土砂災害による人家被害件数 国土交通省が発表した2017年の土砂災害による人家被害は全国で701件。過去10年間で最大件数を記録しました。
そして、内閣府発表の「平成30年7月豪雨」被害状況によると、全壊した住家だけで3,598件を記録。

大切なマイホームや家財が自然災害によって被害を受けた際、「復旧作業に追われ、行政や保険会社との交渉や事務手続きが出来ない」「保険会社から満足いく補償が受けられない」「行政から罹災証明がでない」「住宅ローンの支払いどうしよう」などのトラブルに遭遇した際でも、弁護士保険『Mikata』に加入していれば、「弁護士直通ダイヤル」で直接弁護士に初期相談※1、更に「弁護士紹介サービス」※2で紹介する弁護士が交渉窓口となって事後のサポートをします。
※1:初期相談とは一般的な法制度上の助言・案内や、事案が法的トラブルにあたるか否かの判断などをいいます
※2:保険金支払い対象となった場合に限ります

補償可能な相談事例

相談事例1 地震で家が壊れた為、行政に罹災証明を発行してもらったところ、一部損壊だった。地震保険で定められた基準では半壊だった。同じ建物なのに評価が違うのはおかしいと思う。納得ができないので弁護士に相談しました。
相談事例2 台風の影響で家の玄関ドア・屋根・シャッターが破損、停電の影響でクーラーが破損した。火災保険と家財保険の保険金請求手続きをしたが、保険会社から納得いく答えがなかったので、弁護士に相談しました。
“子どもの予期せぬトラブル”迷わず弁護士に相談

子ども同士のけんか、自転車事故、ネットトラブル、いじめ問題・・・、子どもの身近に潜む様々なトラブルに遭遇、相手方に法的責任や改善策を申し入れたい(又はその逆に相手方から申し出を受けた)とき、まずは弁護士に相談することで、早期解決や精神的負担の軽減に繋がります。

相談事例3 中学1年生の息子が学校でクラスでいじめを受けています。学校へ何度も相談しましたが全く対応してもらえず、いじめをしている生徒の保護者とも交渉しましたが、いじめは無くなりません。
先日も頭を強く殴られてケガを負い、息子は学校を1週間休んでいます。暴行を加えた生徒の保護者を訴えて治療費を請求したいと思います。
自分で解決した場合

何度も学校と保護者に相談しましたが、いじめの事実は認めてもらえませんでした。
悔しいですが、子供のためを思うと転校せざるを得ないと思っています。

得られた経済的利益:0円

Mikataに加入していた場合

生徒の保護者に対して治療費の請求をするため、弁護士に相談しました。
弁護士の協力のもと裁判を起こすこととなり、損害賠償50万円を請求した結果、50万円を支払っていただくことができました。

得られた経済的利益:500,000円

※上記は一例であり、解決結果や得られる経済利益は個々の内容によりますので、記載の結果を約束するものではありません。
炎天下での部活動 子どもの安全を守る指導者をサポート

平成30年 都道府県別熱中症による救急搬送人員数 前年同時期との比較 危険な暑さが続くこの時期は、子どもの熱中症によるトラブルも増えることが予測されます。
総務省の調べによると、今年の7月16日~22日の間に熱中症によって救急搬送された少年※1は全国で3,665人、そのうち2,011人が教育機関※2で熱中症になって救急搬送されました。

子どもを預かる指導者や現場責任者は、暑い時間帯を避けたスケジュールの調整や、適度な水分補給や休憩をとらせるなどの対策をとる必要があります。
5つの義務(安全配慮・危険予知・保護監督・危険回避・保護者への通知)を怠ると法的責任を負うケースもあります。

弁護士保険『Mikata』は、弁護士への依頼・相談の際に発生する費用を補償する以外にも、無料で弁護士に直接初期相談できる「弁護士直通ダイヤル」や全国の弁護士を無料で紹介する「弁護士紹介サービス」※3を日本弁護士連合会と提携して提供しており。様々な立場の方をサポートしています。
※1:満7歳以上~18歳未満
※2:幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校・専門学校・大学等
※3:保険金支払いと対象なった場合に限ります

セミナー情報

タイトル:弁護士が教える!大切な家族の守り方
講師  :加藤慶子 弁護士(法律事務所豊凛)
日時  :2018年8月18日(土)14時00分~15時45分(受付開始13:30)
会場  :梅田センタービル16階 G会議室
     大阪市北区中崎西2-4-12
参加費 :無料

<お問い合わせ・お申込み>
プリベント少額短期保険株式会社
TEL :03-6684-9976
Mail:news@preventsi.co.jp
※完全予約制・先着順となっております。

総合カスタマーセンター

0120-741-066

携帯電話・PHSからもご利用になれます。

受付時間:月~金曜日
10:00~17:00
(土日祝・年末年始を除く)

保険ご利用相談ダイヤル

0120-783-308

法的トラブルにあわれた際には、こちらへご連絡ください。

携帯電話・PHSからもご利用になれます。

受付時間:月~金曜日
10:00~17:00
(土日祝・年末年始を除く)

お電話をいただく際には、保険証券番号をお知らせください。

ページトップへ戻る